憧れの理学療法士になるには専門学校で基礎から学ぶことが重要

レディ
男性

マッサージのプロになる

あん摩マッサージ指圧師とは、日本でマッサージを業務として行える、厚生労働省が認定する国家資格です。マッサージを業務として行えるのは、医師とこのあん摩マッサージ指圧師の資格を持つ者のみとされています。活躍の場は病院や治療院、介護や福祉施設、スポーツの現場などさまざまです。

ドクター

先進機器で医療に貢献する

診療放射線技師はX線検査装置などの放射線を用いた検査機器の操作を扱う専門職です。養成コースのある大学・短大・専門学校などで学んだ後、国家試験に合格すると資格が得られます。業務独占資格であり、その身分は安定しています。

リハビリの専門家とは

整体

就職を見据えて学校を選ぶ

理学療法士になるためには理学療法士の国家試験に合格する必要がありますが、国家試験を受けるためには受験資格を満たしている必要があります。理学療法士になる近道は、厚生労働大臣か文部科学大臣が指定した養成学校で三年以上学び、受験資格を得ることです。養成学校には大学や短期大学、専門学校などがありますが、受験資格を得るには所定の課程を履修し卒業する必要があります。理学療法士の専門知識を集中して学べる専門学校には、四年制と三年制がありますが、四年制を卒業することで高度専門士の称号が得られ、四年制大学を卒業した人と同等の学力があると認められます。また、専門学校で高度専門士の称号を得ることで就職が有利になり、就職後の給料や昇級などの待遇面も期待できます。

必要な知識と今後の需要

理学療法士の仕事は、事故や病気などで身体の機能が不自由になった人の回復をサポートすることですが、自立した日常生活が送れるように、身体機能の悪化予防や維持にも努めます。理学療法士が働く場所は、医療や福祉施設、教育機関やスポーツ関連企業など様々ですが、高齢化が進む日本での理学療法士の需要は今後ますます高まると予想されます。リハビリは日々の積み重ねが大切なので、根気強く心が広い人に向いていますが、患者の体を動かし支えることもあるので体力や行動力が必要な仕事です。理学療法士になるためには、たくさんの専門知識や技術が必要なので、大学や専門学校での実習を通して、実際の仕事を良く理解しておくことが大切です。

女医

人気の高い医療の仕事

医療系の資格として看護師は人気が高く、学生の頃から目指す人もたくさんいますが、正看護師の資格を取得しておくことで、活躍の場が広がります。看護師には、外来看護師と病棟看護師がいますが、医療処置の他に患者に寄り添い安心して治療が受けれる環境を作ることも大切な仕事です。